古銭買取は状態によって大きく変わる

10円玉には色が異なるものがあるのを知っているでしょう。深い茶色っぽいものと、オレンジ色に近いピカピカのものがあります。銅でできているため、初めはどれもピカピカです。でも、人が手で持つと、酸化してきます。それによってどんどん茶色っぽくなってきます。茶色っぽい色が付いているものは、それだけよく使われた証拠といえます。古銭買取をしてもらうとき、状態によって変わります。10円玉も、発行年数によっては10円以上の価値を持つことがあります。でも酸化して濃い茶色になったものだとあまり価値はありません。つまりは普通の10円としての評価になります。発行した当初のままピカピカの状態であれば、かなり高く評価してもらえる可能性があります。古銭買取をお札で行ってもらうときも、同様に状態がポイントになります。新札であれば、評価は高くなります。折り目もなく、色も発行当時のままの状態なら、高く評価してもらえます。ほんの少しの折り目が、評価を下げることもあります。