古銭買取は価値ある物だけに絞られます

古いお金を扱っている古銭商では、古銭買取をしてくれることがあります。例えば昭和64年と平成元年は年号が変わった同じ年ですので、発行枚数が極端に少ないことから、500円をはるかに超える価格がつけられて買取してもらえることがあります。ただし、もともと発行数が少なかったうえに、高く買い取ってくれるという噂が流れて多くの人が探したこともあって、今ではそれこそ出会えたら奇跡といったところでしょう。500円玉は大きくて年号が見やすいので、見つけやすいというメリットはありますが、その後、偽造500円玉が増えたこともあって、最初はなかった通貨のギザギザができたりと、改良されて今に至ります。昭和から平成への年号代わりの記念というべき500円玉が手に入ったなら、それこそラッキーなことで、古銭買取に出すべきか、それとも記念に残すべきか迷ってしまうでしょう。試しにいくらで買取してくれるのか、探ってみてから検討するのがよさそうです。